新築ワンルームを売り込まれている知人に遭遇しました


こんばんは、当社の現況としては非常に盛況です。数字だけを見ると。

減価償却などもあり、含み益を抱えていた案件が今期でもたくさん売れていっているためで、こっそり保有していたネタもなくなりそうです。

IPOを目指すにあたってはコソコソと、バランスをとりながら利益水準を維持したい気持ちが全くないというと嘘になるのですが、相変わらず不動産投資は活況でネタがなくなると利益に直結しますから、それをわかって無謀に突っ走るのも僕の性格的にあまり合わないので、危ない轍を踏みながらもどうにかこの市況でも案件の発掘を模索しています。

仲介会社を信じて追い切れないリスクを負うところでした。

区分所有を売り込まれている知り合いに遭遇しました

さて、先日急に知人から(正確には知人のご主人)連絡がありまして、その内容がなんと新築ワンルームを検討していて買っていいものかの相談でした。

不動産投資をしたい相談じゃないんかwwと、なんとも複雑な気持ちを抱きつつもとりあえず状況を聞くと以下の状況でした。

まず、始まりとして同級生から新築ワンルームを勧められているが、毎月やや赤字で生命保険の効果(団体信用生命保険)を加味する(既存の保険を解約)ことで、赤字はないものと考えて検討していたとのこと。

保険に関する考え方は良いのですが、投資としての考え方はアウトということで、まあこれも本人は理解していました。

というのも、某民間調査企業の先輩がいて、その先輩が「その発想は危険。もっと良い会社があるから紹介するよ」ということで、中古でトントンくらいの区分所有を勧められていて、これに迷っていました。

(購入検討者)「しかも、買ったら100万円のキャッシュバックがあるから、最悪赤字でもそれで補填すれば良いかなと思って」

自己資金錬金術でもなく、ただ借金を多く借りて空室が出るたびに赤字になって、売りたくても損切りを数百万円レベルでしないと売れない案件を買うのかと、そういう説明をしましたが、そういう一等地のワンルームというのは手出ししても余裕な人が節税も兼ねてやるもので、一般的な会社員がやったところで大した節税にもならないし、途中で退去が出たりして赤字になると売りたくなり、そこで大きな間違いに気づくという将来がスケスケです。

なお、ワンルームを批判するということではなく節税効果も大してない人が、節税を使ってトントンレベルの収支で運営したところで、将来売却時に税金のしっぺ返しを受けるだけということを丁重に説明して終わりました。

本人は断ると言っていましたが、どうなることやら。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績