ワンルーム売却を断った後に別の築浅都心ワンルーム売却の相談


こんばんは、この10年で圧倒的にモニターと接してきたので、目を大切にしようとめぐリズムをつけて寝ることにしたのですが、汗を書いてしまい、結膜炎を起こすことになっています(泣)。

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入

不健康な生活を続けてきた一方で、健康を維持する方法も同時に身につけてきているので風邪などはもう滅多に引かないのですが、やはり30歳をすぎると根性ではどうしようもなくなります。

買う時期による差

さて、昨日のブログ記事で売らないで所有し続ける提案した、ということを書きました。

今回の売主も、実は購入した(させられた??)会社が一緒で、昨日の記事(区分所有の売却相談がきましたが、断ってしまいました(泣)。)の売主さんよりも5年くらい前に買っている方です。

この売主は面白いことに、この売主の父親が不動産投資家で、父親も30年前に区分所有を買って失敗したことがあり、その息子も同じように失敗したものの、結局父親の紹介で当社でアパート経営を手堅くやっていく道を選んだ、という経緯があります。

血は争えないにふさわしいエピソードですが、区分所有ワンルーム販売をゴリっと売っていく人はその時代も健在というのが面白いですよね。30年以上も変わらない業界。

ところで、今回はすぐに売れない可能性はありますが媒介契約(売却活動を行う契約)を行うことになりました。

この違いは相場のレンジで販売することができるかということが僕にとっての焦点なのですが、購入時期が5年違うことでその当時の区分所有の相場が今よりも安かったので、損益ゼロくらいで売却ができるくらいの残債でした。

本来ならこの10年で相場はグッと上がりましたから、家賃収入も入れて購入価格の3〜4割程度の利益は出ていてもおかしくないのでトントンというのはなんとも複雑です。

安いと言ってもやはり家賃と金利差による運用益が期待できないので、単純に少し残債が減ったこととその頃よりも相場が上がったので、九死に一生を得れそうなレベルであることはやはりこのワンルームの恐ろしさですよね。

普通の物件を買っているだけで億万長者になっている人もいれば、泣く泣く手放したい人もいるという、不動産は今も昔もまだまだ闇が深い。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績