お客さんの人生を救うきっかけになれた・・・不動産投資における時間は重要。


一緒に中洲に行ったりと、公私ともに仲良くさせてもらっているお客さんが、お金に困ったという相談を受けました。

詳細はいえないのですが、大金を借りて事業に失敗してしまった、というようなイメージです。

実は、プライベートのお金は貯金できないタイプということで、「不動産投資は任せるし、そこで増えたお金は使わないから」ということで、数棟ちいさめの物件を買ってもらっていました。
ちなみに、プライベートで貯金できないから属性活かしてお金増やしてってお客さんは他にもいます。

「絶対に手を付けないでくださいね」と言って少しずつ増やして数百万円貯めていたんですが、それも使ってしまったということで、今回相談にいたったわけです。

人生を救う!?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表者 「写真に写っているペンション買いました!笑(冗談です)。ペンション経営もいいですよね。田舎で都会に疲れた癒やしを提供する…どうでしょうか?」 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。