お客さんの人生を救うきっかけになれた・・・不動産投資における時間は重要。


一緒に中洲に行ったりと、公私ともに仲良くさせてもらっているお客さんが、お金に困ったという相談を受けました。

詳細はいえないのですが、大金を借りて事業に失敗してしまった、というようなイメージです。

実は、プライベートのお金は貯金できないタイプということで、「不動産投資は任せるし、そこで増えたお金は使わないから」ということで、数棟ちいさめの物件を買ってもらっていました。
ちなみに、プライベートで貯金できないから属性活かしてお金増やしてってお客さんは他にもいます。

「絶対に手を付けないでくださいね」と言って少しずつ増やして数百万円貯めていたんですが、それも使ってしまったということで、今回相談にいたったわけです。

人生を救う!?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』