二転三転!?建築企画も属人的


今日はトラブルがいくつかあって、この不動産業界がいくらカッコいいことを言おうとしても、やっぱり属人的で個々のスキルだよりなんだよな〜(泣)と、重さを感じた日でした。

というのも最近、新築に絡んだ仕事も同時進行で進めているのですが、建築でそれも共同住宅(ビル・アパ)においては、都心部ではできる限り大きな建物を建てようとするのが一般的であり、それが土地値にも反映してきます。

その土地の建築のプランというのが、これが建築士のスキルによって多少おしゃれ度合いが変わるくらいならまだしも、ちょっと接道が複雑だったり土地の所有が複数だったりすると、建築にもかなり影響が出てくるので、どうやって合法で上手く建築ができるのかは個人差が出てきます。

また、建築士によっては、できもしない図面を書いて実際に確認申請(建築の申請を役所にすること)を行ったときに、うまくいかないこともありますし、建築士じゃない人が建築士に口出ししてうまくいくこともあります。

今回の内容は、建築ができなくなったとかそこまでの事態ではないのですが、役所との協議ややり方次第で結果が変わる世界なので、器用にやれない人だと話しが二転三転します。

建物を建てて商品を作る側に回ると属人的になってしまう要素が強く、大変だなあと実感する日でした。

まあ、そうならない人を探せばいいし、だからこそ価値があるとも言えるのですが、この業界の周りはなんて属人的なんだと思うわけです。

本来ならシンプルであるべき内容とも思うので、複雑ながらもゴリゴリやっていっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』