築古高利回り戸建てをやってみようと思います。


先日、売りを預かったことをきっかけに少々興味をもって調べている築古戸建て投資

以前から関わったことはあるんですが、再建築不可だったり、辺ぴな場所だったりで、小規模で、さらに基本的に現金を使ってするものばかりなのでレバレッジを効かせにくい、ということで、あまりポジティブではなかったんです。

でも、手が掛からないとはいえ、小口の駐車場投資案件が反響殺到して現金で売れそうなので、レバレッジではなく小口投資案件の需要も発掘してみようかと思います。

今売りに預かっている物件の行く末を見てからでも遅くないんですけれど、実際自社で問題点を解消して売るのと、仲介で上辺の調査したデータだけで売るのでは大きくスタンスも変わってくるので、できれば自社で手応えのあるものを提供できたらと思っています。

まだこれからですが、少し探していく中で、バランスのいい戸建てなんてほぼありませんねw

需要が怪しいものばかりで、探すのも一苦労、数少ない見合いそうな物件を確認にいくのも一苦労で、普通の会社がやらない理由がよくわかります。

不動産会社がやるとなると瑕疵担保責任の問題もあるし、これは一筋縄ではいかない匂いがプンプンしています。いずれにしても何かしら取り組みたいとは思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』