豪雨の良い影響・悪い影響、税制などを考慮した収益不動産経営と会社経営をしつつIPOを目指すことのネック






おはようございます。豪雨の影響が尾を引いています。

被害を受けて引っ越しせざるを得なくなった人が少し動いていることで、これまで空室だった物件にちらほらと申し込みが出てきています。

きっかけがきっかけなのでとても良い影響とは言い難いのですが、空室を抱えている大家にとっては良い影響と言えるかと思います。

悪い影響としては、空室で誰も雨漏り被害に対して対応と対策をしてくれる人がいないことで、数部屋がひどい状況になって発覚するという物件がありました。これは自社物件なんですけれど。

ようやく空室が埋まるような動きが出てきたところで、賃貸の案内で発覚する、そして結局状態が宜しくないので申込に至らないという悲しみの連鎖なのですが、断ち切っていきたいと思います。

不動産会社とIPOの相性の悪さ

さて、IPOへのチャレンジは続きます。
今日は少しだけ収益不動産を使った税制と上場時の規制のことについて書きたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績