消費税増税が確定し、色んな会社が動き始めました。


忙しく生きていると、消費税増税に関してすっかり忘れて過ごしてしまうのですが、色んな会社(主に保証会社など)から、消費税分の手数料などあがる、という案内がくるようになってきました。

ここの「時点で話せることは、築浅物件を課税業者(消費税を支払う必要がある個人法人など)から買う場合は、間違いなく増税前にすべきであり、中古不動産の場合、それは売買決済、ようは代金を支払い所有権を移転(取得)してしまうことを9月末までに済ませてしまう必要があるということです。

9月末までに取引することで、売買代金のうち建物部分の2%は単純に浮きます。

でも、築古系の収益物件取引の場合、売買代金における建物比率がそう高くないので、1ヶ月保有して賃料収入が入ればその差は埋まることもあるので、さほどこの増税に追い込まれる必要もありません。

一方で、生業として行っている不動産会社で、さらに企業努力で高利回りの商品を提供するためには、上記の通り売却が決まっている物件は極力9月末までに売買決済を終え、非課税業者(ありがちな個人です)から買取する不動産は10月1日以降に行って、より消費税を抑える戦略を当然にとっていくことになります。

このロジックは消費税還付の制度に通ずるものがあって、9月末までの取引だと建物の内税が8%になるし、10月1日以降なら10%になるわけで、総額が同じ金額でやるなら内税が多いほうが、課税業者にとってはメリットなのです

ただ、この場合も消費税を節約するために取引を伸ばして家賃収入を減らすのがメリットなのか、さっさと取得してしまったほうがメリットなのかは都度、合理的な判断が必要となります。

んー、こういう一つ一つを大事にするからこそ出来ることが少しずつ増えることもあるから、商売って楽しいんですよね!

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績