スルガ銀行、TATERUを皮切りに不動産投資業界は随分変わっていきそうです。


スルガ銀行やTATERUのことについて、ほどほどに書かせてもらったが、しらないところでたくさんの不動産会社が淘汰されていっている。

これもその1つということで書いたブログ記事である。

風のうわさでマンション販売会社であるス○ラウトという会社も福岡で暴利を貪りつつ東京進出したらしいが、今は家主に家賃も振り込めず音沙汰がないという話しをきいた。

このような話しは氷山の一角で、計画倒産からバブル崩壊した時、真っ先に倒産した会社のように、スルガ・TATERUショックで淘汰されている会社がでてきているようだ。

だが、ここで倒産する会社は、顧客を騙すような会社であったため、むしろ健全になる明るい不動産業界を築くチャンスといえる。

これから個人投資家への融資はどのようになってしまうのでしょうか。

個人不動産投資家にとって、大半は融資利用が必要不可欠なものです。

そして、必要不可欠な融資の今の状態ということなのですが、賃貸住宅新聞がわかりやすくまとめてくれています。

ポイントは大きく2つです。

  • 金融庁がすべての金融機関に立入検査をしたこと

  • スルガ銀行が賃貸事業業務停止になったこと

金融機関は基本的に右にならえな業界ですから、個人向けの不動産融資はどの金融機関も厳しくなることは、もう既定路線です。

たぶんとしかいえませんが、融資はますます厳しくなります。
煽るのはよくありませんが、普通のサラリーマンの人は今買えるなら(買いたいのなら)、買えるうちに買っておいたほうがいい、といよいよ言わざるをえないフェーズにきてしまったようです。

立入検査で、万が一スルガ銀行と同じような目(業務停止)にあう可能性があるとすると、金融機関の融資スタンスはそれはもう大変及び腰になるということは言うまでもありません。

うちの不動産投資の部署では、今はまだスタンスを評価されて取引をしたいと表向きはいってはもらえています。

金融機関からのラブサイン

また、ノンバンク系(オリックス銀行など)は一定のスタンスであるものの、融資への姿勢が明らかに厳しくなっているのはすでに感じます。
表現に悩みますが数字におわれてて融資はしたいけど、ちょっとでもリスクがありそうならゼロ回答という緊張感や本部の意図が伝わってきます。

単純に富裕層との取引を増やしていきたい考えもありますが、うちの不動産投資のミッションは、投資の普及なんですよね。

なので、金持ちが安定してさらなる金持ちになるのはもちろんいいことだしサポートしたいのですが、投資なんて考えたこともないって人に、好きな会社の株を持ってみるとか、iDeCo(確定拠出年金)からでも推奨していくのが根底にあるので、この状況、どうにかせねば・・・。

色々と考えはあるものの、融資が厳しいことと、当社の既存顧客への信頼を考えると、不動産特定事業法の許認可をどうにかしてうけることはさけられなさそうです。

資格もっている人、もしみていたら一緒に事業起こしましょう。
この世界も詐欺まがいの話が多いみたいで、やれることがたくさんあります。

お知らせ

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

【メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績