1棟と区分投資の融資市況


今日は朝からとある金融機関と話していたのですが、その金融機関は日々目線が厳しくなっていました。

目線が厳しいと言ってもこれがまた物件に対して厳しくなっているというわけではなく、買う人の属性を絞っているという内容だったんですよね。このあたりについてはまた書きたいと思います。

投資参入ハードルについて

さて、先日の二日酔いになった飲み会のことを端々記憶を失っていましたが、何かのきっかけでチラホラと思い出しています。

2つ思い出して、一つはその飲んだ社長さんがガッツリ不動産投資会社としてやっていきたく

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績