iPhone7PlusとXの防水機能の体感とAppleの保証


※2018年8月1日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2018年10月20日に再度公開しました。

iPhone7あたりから確か防水だとか耐水だとか機能が付帯されてて、水の中に浸かってしまうシーンなどを見た記憶もずいぶん昔のことになってきました。

帆足利用のiPhone7plusはしっかり防水

2年半くらい使いました。

雨の日も雪の日も、お風呂の中でも、シャワー中でも、それこそ浴槽の中に落としてしっかり水につかったことも何度か。

それらのことはありましたが、1度たりともおかしな状況にはならず未だにピンピンしているiPhone7plus。

もうこの時点でぐぐつたりせず、完全にiPhoneの防水はAndroidスマホなみだと盲信しておりました。

iPhoneⅩに機種変更

ちょうどインドに渡航するにあたって、いい写真をとりたいけど一眼レフも面倒くさいということで、買い替えの腰は重かったのですが、iPhoneⅩにして極力荷物を減らすことにしました。

で、渡航前日に機種変更を決行。

料理などの写真をとるときのクオリティはすぐわかるレベルでよくなりました。満足です。

そんな調子で5日間インドに行ってきて、もちろんハードなインドのことを書こうと思って最低限写真をとっていました。

機種変更して6日目、iPhoneⅩ水没

日本に帰国しました。

日本のお風呂に入りました。最高です。

数日間はあっさりシャワーを浴びた程度だったので、温泉とまではいきませんが自宅で入浴しました。

そして、、、、

うっかり浴槽におとしました。

二度と画面がつくことはありませんでした…。

iPhoneの防水機能

このとき、アップルではなくiPhoneを修理する会社にいって色々と聞きました。

「iPhoneは防水じゃなくて耐水ですよ(笑)」だってさ。

内側にテープが貼ってあるだけで水は全然侵入するからあたりはずれで結構水没するらしいです。

しかもiPhoneⅩは修理がまだほとんどできないとのことで、Ⅹから少々仕組みがかわってパーツも流通していない。

誇大広告じゃないんですかね?!

CMとか結構防水機能をおしていたと思うのですが、抗議したところでストレスをためるだけなので、もう一台買いました。

iPhoneでは特別保証はうけれず新しい機種にすることはできますが、3万5千円くらいするので、水没ということで機種交換すればよかったのですが、インドの写真でクラウドにバックアップされていない写真が機種に眠ってるんですよね。(笑)

ということで、1週間でiPhoneⅩを2台かいました。

将来修理ができることを信じて、今はピカピカのiPhoneⅩを倉庫にねむらせています。

後日談

時間が経過したことで、スマホに眠っているであろう写真はもうどうでも良くなってきました。

そんなころ、新しく買ったiPhoneの画面を割ってしまいましたので、もう水没したiPhoneの画面交換をしようと思ってAppleStoreにいったんですけれど、とってもラッキーなことが。

なんと、無料で新品に交換してもらえました!!

うひょ〜!

どういうわけか、水没反応が出ていなかったということで、不良品扱いで即時交換になったわけです。

いやー、AppleCare(安く修理・交換できる保証サービス)には入っていなかったので、これは儲けものです。

まぁ最初からちゃんと持ち込んでおけば、2台目のiPhoneXは買わずに済んだということにもなりますけどね。

こういうとき、アンドロイドはそれぞれ製造しているメーカーの対応になって、すんなりいかない印象がありますが、Appleのいいところです。

水没の話をしといてなんですが、iPhoneXSでは防水機能がグレードアップしているんですってね。
複雑ですが、この記事で書いているようなことは気にならなくなるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』