不動産管理業での採算について少し考える






先日の清掃一斉解約のピンチを書いたブログ記事(不動産運営で清掃をしないという選択)の結果として、無事すべて回復と単価とをお伝えしてそのまま継続になることになりました。

説明の仕方、伝え方で判断が決まるという事例なのですが、揉め事の多くはこのコミュニケーションで解決できます。

ところで、清掃もそうなのですが、このイマイチ悶々とさせてしまうコミュニケーションの機会というのは減らそうと思えば減らした方が良いのです。

クレームのない体制を作るという視点から少し、管理業務の生産性について書きたいと思います。

採算があうかどうか

ルーティン業務でも一日が終わるくらいの業務量があるのに、このやりとりと

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績