相続財産管理人がついている物件に翻弄されています。


もう1年半以上放置し続けている可哀想なボロボロ物件があり、再生ノウハウをもって取得に走ってきました。

財産管理人の動きがあまりにも遅く、このままだとさらに1年くらいは待ちそう(この人たちペナルティないの!?)なので、詰めて詰めてようやく契約する話になりました。

で、その中身に聞いていない文言が…

それまでの1年以上放置され続けてきたので、当然家賃が滞納されている(だろう)状況なわけで、その家賃を払うことが条件についていました。

放置するとかならわかるんですが、これを支払え、は散々価格を競らせておいてそりゃないよ、と(泣)。

結局、手間とストレスも抱えて高買いするわけにもいかず、お断りしました。

で、この案件がどうなるかというと、また同じ条件で1から公募を募って、ダメだったら最初の条件で買ってくれないか、というのを言われつつ目処は1ヶ月後とのこと。

また一ヶ月後になれば滞納もたまるし物件の瑕疵も増えていく可能性もあるし、こういうことが水面下では起きているのだと思うと、ここもIT化をしてほしいものです。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」