相続財産管理人がついている物件に翻弄されています。


もう1年半以上放置し続けている可哀想なボロボロ物件があり、再生ノウハウをもって取得に走ってきました。

財産管理人の動きがあまりにも遅く、このままだとさらに1年くらいは待ちそう(この人たちペナルティないの!?)なので、詰めて詰めてようやく契約する話になりました。

で、その中身に聞いていない文言が…

それまでの1年以上放置され続けてきたので、当然家賃が滞納されている(だろう)状況なわけで、その家賃を払うことが条件についていました。

放置するとかならわかるんですが、これを支払え、は散々価格を競らせておいてそりゃないよ、と(泣)。

結局、手間とストレスも抱えて高買いするわけにもいかず、お断りしました。

で、この案件がどうなるかというと、また同じ条件で1から公募を募って、ダメだったら最初の条件で買ってくれないか、というのを言われつつ目処は1ヶ月後とのこと。

また一ヶ月後になれば滞納もたまるし物件の瑕疵も増えていく可能性もあるし、こういうことが水面下では起きているのだと思うと、ここもIT化をしてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』