某金融機関と懇意に取引していると少し強気になれる


今週の売買はというと、買っていただいた決済のうち2件が現金決済でした。

融資の基準で緩くなっている感覚は全くないのですが、現金比率がやはり少々増えていて1件はコロナ融資によって資金調達をしていた法人が痺れを切らして買っていったという状況です。

しかもまた無金利融資枠も拡大されましたから、この融資や助成金が景気の下支えをしていて、景気が下がり切る前にコロナに対するワクチンなどが開発され、結果的に景気崩壊はしないままコロナ禍が過ぎ去っていくシナリオも十分に考えられるようになってきました。

それと株価が下がらないかどうかは別問題ですが、少なくとも金は余っていてインフレ傾向があることは事実です。

金融機関と懇意に取引するメリット

もうお分かりだと思いますが、聞かずもがなこの金融機関とは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績