タイムリーに契約不適合責任の話が出ています






すっかりコロナとの付き合い方も慣れている気がする人の交流といえばラ○ホテルもだいぶ客足が回復しているみたいだし、居酒屋ももともと人気店とかは満席状態になっていたりします。

僕の肌感覚でも今はもう「自粛とかあったっけ?」と言いたくなるような街の明るい状態が続いていますが、一定数気をつけていれば若年層が重篤になることはほとんどないことからも、仮に増えたところでもこのまま共存していくような感覚があります。

何よりこれ以上は停止にできないと言うことで、アメリカが振り切ってやっていることからも、感染数や致死率の少ない日本ではますますその路線が強い気もしますが、なんともいえずいつも通りの生活をしています。

売買取引の契約不適合責任とは非常に厄介です

さて、すっかり不動産業界も契約不適合責任の存在によって、いわゆる悪徳不動産と言うのは商売がしにくくなっていることでしょう。

なんと、そんな契約不適合責任に関わることが当社でも事例があって、些細なことでもどのようなケースで起こりうるのか、具体的な事例を書きたいと思います。

投資家に購入していただいた賃貸物件は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績