融資における今後の金利見込み


売買に関して、もともとの予定案件として、周りの不動産会社も4月はまだ取引件数はそう落ちていないようなのですが、これからの案件というのはかなり減ってきているようです。

というのも売却物件が減っているんですよね。

なんだかんだで忙しくしているので、今後の収益物件価格に関してはまた時間を見つけて書きたいと思います。

融資が流れるのかどうか、に関してもやはりコラムレベルだとイマイチ主観的なので、現場で日々打ち合わせている目線から情報をお届けしたいと思います。

今後の金利は上がる?下がる?

さて、売却物件が減っているものの、着実に融資承認もおりてきている中で金利に動きがあったので、伝えていきたいと思います。

長期の融資は大半の金融機関が長期プライムレートをベースにして考えられており、素人目にわかりやすいのは金融機関の仕入れ金利が変わると変動するようなものだと思ってください。

長期プライムレートとは

そして、結論から言うとそれが今回あがりました。

みずほ銀行、長期プライムレート

下がり続けていたのですが、それは世の中にお金がじゃぶじゃぶ上がっていたので下限まで下がっているようなイメージだったのですが、このたび新コロナウイルスによって資金の需給バランスが少々変わってきています。

新コロナウイルスの資金需要先の多くは実際に資金難になっているわけですから、国債などに投資する個人投資家からするとリスクがあがるので金利もあがるということになりますが、実際のところ現状では多少あがるだろう、といったレベル感です。

どこまで上がるかによっては、あのとき借りていればよかった、となるかもしれません。

諸説囁かれているものの、実際のところ新コロナウイルスの影響が長期的な不動産マーケットにどう左右するかは、まだまだこれからの金融情勢にもよるところも大きいので今やれることに注力するというのが良い結果に繋がりそうです。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績