多法人スキーム推奨?各金融機関には色があり、それを読み解くことが規模拡大につながる。


ソソグーグループとして規模の拡大を目指していくにあたっては、こういう市況なものですから、物件をたくさん仕込んでくる必要があります。

その中で、私、帆足は自分自身も会社と一体(要は連帯保証人になったりですな)で、取組んでいくので資金調達フェーズでは借主として経験することと、業務の中でお客さんの融資をサポートすることも多いので、色々と見えることもあります。

不動産投資をする中では、前提として借入が少ないほうがいいというのは常識だと思うのですが、金融機関によっては不動産投資を不動産賃貸と位置づけしているので、借入が多くても、規模が小さいよりは、法人としてがっつりやっているほうが融資検討のテーブルにのるという金融機関もあります。

そう考えると、ある程度の規模を目指す人は法人で取り組みをしていたほうがいいという考え方もできます。

が、しか〜し、セオリーは借入が少ないことであり、とある金融機関のとして一例を書きたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績