ファミリータイプの区分所有を売却してきました(オーナーチェンジ)


タイトルどおり区分所有の物件を売却してきました。

45ヘーベくらいのやつです。

入居も安定しているので売らなくても良かったんですが、職業柄売ったり買ったりもぼちぼ~ちするんです。


そこでどの物件を売りに出すのか。

ファンドでもないので決まった基準はないんですが、一応理由を書いておきます。

売却理由

  • マーケットにまともな物件が少ないこと

これが一番の理由です。相変わらず不動産価格は高値で推移していて、お客様へなかなか勧めることの出来る物件がありません。

でも買いたいという方は山ほどいる。

一人でも多くの人に投資を普及したいというのがわたしの理念なので、全く通しをしていないけど始めたいという方には気が向いたら売却しています。

今回はもう一つ理由があります。

  • もともと現金購入で取得していたこと

この区分所有は数百万円程度ですが現金で買っていたので、別の投資に回すためにも売っといていいかなぁというのもありまして。

大きな理由はこの2つでしたが、価格は融資を借りても回るくらいの良心的な設定です。自分で言うと胡散臭いですけど。

この物件はちょっとしたメリットがあって入居が決まったばかりということです。

あくまでも福岡の慣習的な話にはなりますが、1度入居すると最低でも2年くらいは住みます。

ということは、購入したばかりの一部屋がすぐ退去することって、相当低いことになるんです。

ね、ちょっと安心でしょ。

退去したら原状回復費用とか募集経費とかで家賃の数カ月分なくなりますから、購入してすぐ退去が出るとその分高く購入した錯覚になっちゃいますからね。

それに、最近決まった家賃で収支が合うというのも魅力的ですよ。

古い入居者が住んでいると相場より高い家賃で入居していることも多いですが、それに釣られて売買価格も高く設定されて、そのまま買ってしまう人も多いですからね。

さて、現金購入で所有していた物件を売却したから自由なお金が少し増えた。次の投資先を見つけたいところだけどいつでも手が出せるのは株くらい。

しかし株も最近乱れていてイマイチ大幅に買います気もしないので、また心の踊る投資先を早めに見つかることを願う。

中々待っててもこないんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』