TATERUがリストラを開始しました。


なくとも営業社員が多数やめて言っているというのは風のうわさで聞いていましたが、ここへ来て160?人もの早期退職…

www.release.tdnet.info
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190704467747.pdf?fbclid=IwAR3vq6CJA...

如何に築浅で家賃も高く、手のかからない物件の管理が中心とはいえ、一等地で大量の社員を抱えて商売するのは厳しいですよね。

融資通らんし。
今回のトラブルで、高利益のものなんてなおさら通らんし売れんし。

これまで景気の後押しもあって、ブランド戦略もヒットしてきましたが、今はピークアウトしているとはいえ高止まりの状況です。

TATERUにとっては、販売するにあたってのブランドが既存している中、融資もつけてもらえない状況でしょうから、この判断は懸命と言えますね。

こういう構造改革に乗り出してくれるということは、オーナー(大家さん)にとってのTATERUの危ないと思っている部分に関する不安はほとんど払拭されるのではないでしょうか。

とはいえ、工事代金などで更に利益をあげていきたい投資家は、新築から比較すると修繕が多い築古系の物件でも黒字の投資提案と実績のあるソソグーにおまかせを!

しかし、どこに聞いても一時期より社員数が何割か減ってしまった不動産会社が多いんですが、そういう会社に務めていた人達って今どこにいるんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』