ゲームで知り合った人に物件を買ってもらいます。


今度、北海道の郡部にあるボロ高利回りアパートをすることになりました。

この物件、懇意にしてくれている投資家の売り案件で、現地の不動産屋がパッとしないということで、お得意の売主代理として遠隔で北海道の物件の売却活動を行っていたんです。

いや、待てよ…活動は行うけれど、そういえば重課金していた(私が)ネットゲームユーザーに北海道在住の人がいたな、と。

1年強という長い期間ゲームで仲良くした間柄です。
というか、なんならその人、とある会社の重役なのにゲーム内にいすぎてビビるというか、部下にも参加させていたり社長以上に破天荒な人なんですけれども。

その部下の人とたまに連絡なんかとったりしてて、そういえばこの破天荒な人、部下が「不動産大家みたいなこと言ってたー!」って聞いてて、踏み込んではないもののふと私の脳裏にフラッシュバック。

その破天荒さんに紹介したら、意外にも結構気に入ってくれて、購入申込みをして、でも交渉して断られ・・・数か月売却活動をネット上で行ってもいい話がこなければ「ある程度まで下げて売っていいよ」ということで、晴れて売買契約の運びになりました!

金額の小さい物件で、物件調査や契約で足を運んでいると何をやってるかわからなくなってしまうので、現地の不動産会社も紹介してもらい、コストダウンと効率化もさせてもらいました。

本当、この業界はインターネットで完結することも増えているものの、人が価値をうめる部分がまだまだありますよね。
ゲームの繋がりを価値とはいいませんが、アンテナ立てているだけでこんなことが起きるとは・・・。

私に依頼してくれた売主さんにも感謝です。

このブログ記事が公開されているころは、契約が完了したあとの話で、決済日も無事決まっています。

決済は北海道にいくんですが、ゲームのオフ会みたいな感覚で会食してきます。

私はだいぶ前にアカウントは他の人に譲ってやめているんですが、この買主はまだやり続けているそうです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』