金融機関の合併を悲しむ / 姫路の不動産王、銀行取引停止処分


今日は長崎の地銀である十八銀行と打ち合わせをしていました。

統廃合によう効率化や生きる道といったような正しい議論は今回はいたしません。

福岡には十八銀行と親和銀行という長崎を本拠地としている地場銀行があるのですが、この2行がついに2020年10月1日から合併してしまいます。

僕がそんなところとどのような悪巧みをしていたかというと、やはり与信枠の限界までの活用です。

金融機関にもよりますが、それぞれ取引先に対する決済枠だったり決済ルールがあったりして、サクッと融資がとおる基準なんかが用意されているところがあります。

そして、十八銀行も親和銀行もそれぞれルールがあって、僕なんかはどちらとも取引があって、来月合併しまうとそれぞれに対しての借入が合算されてしまい、そのサクッと承認になる金額をオーバーしてしまいます。

なので、どうせオーバーするのであればそれぞれの限界まで今のうちに借りておいた方が良いということで、いそいそと借金をこさえようとしていたのですが、やはり1ヶ月前を切ってきたからか「合算したらもう与信オーバーしてるんじゃない?」という指摘が入ってしまいました(笑)。

こうやって日々、振興投資家の選択肢は絞られているんですよね。

姫路の不動産王、傾く

さて、先日から行方がどうなるかと思っていた方も多いことでしょう。

姫路の不動産王、ピンチ!

ビックニュースです。

一瞬、倒産!?と思わず目を疑ったのですが、倒産ではなく銀行取引停止処分でした。

今は返済原資がないわけですから、返済を待ってもらうにも危険先になってこの処分が下ったということでしょう。

前に進むことができず延滞金もガンガン増していっており、解決が長引くならば売却も余儀なくされなくなると思いますが、現状では賃料収入が見込めない不良不動産状態ですから、八方塞がりになっていると思われます。

たった一度の選択ミスでこのような事態になるとは・・・。

大手上場企業が取引先を吟味してればまだ救われていたのでしょうが、得体の知れない会社(違ったらゴメンナサイ)にフルコミットしてしまうということのリスクが露呈される形になりました。

法を利用した被害に見えなくもないのでどうにか救われて欲しいものです。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績