Q&A変動金利と固定金利の選び方






今日は楽待 相談室のピックアップ。

最近、めっきりと僕の回答数が減ってしまいました。それは、同じような質問が多く、かつ人それぞれの考え方次第で選択肢が変わるようなものが多いからです。

その一つに変動金利と固定金利のどちらを選ぶべきかという趣旨の質問がありました。

○変動金利と固定金利の選択理由【楽待相談室】

肩の抜いた回答が選ばれ楽待新聞にもピックアップしてもらっていたので、そのまま転載させていただきます。

○変動金利と固定金利、先輩大家さんはどう選ぶ?【楽待不動産新聞】

5〜10年以内に売却することを前提とする場合、変動のほうが身動きも取りやすいし金利も低くなりやすい傾向にあります。

住宅ローンは借り換えや売却が少ないこともあって変動金利の方が低いのですが、収益用不動産のプロパー融資の場合、固定金利にしたほうが金利が安いということもあるし、そもそも20年などの固定金利で融資を受けることができるのは日本政策金融公庫くらいではないでしょうか。

そう考えると住宅ローンでの金利の考え方は楽待で回答した通り、終の家にする覚悟次第で選べば良いし、収益用不動産の場合は売却する可能性があったとしても、我々みたいに売買を生業とする人以外は金利が安くなる借り入れの仕方をするのがベターのような気もします。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績