テナントからの賃料減額交渉について / 地場大手不動産の動き


テレワークをしていると曜日感覚がなくなってしまうのですが、そう言えば先週の土曜日は久しぶりに結構お酒を呑みました。

かなり健康的な生活を続けていたのですが、メリハリの無い生活の成果ついに一人で家パ(パーティー)をしたという格好です。溜まりまくっていた録画をできる限り消化していますが、ここでももう取捨選択をしていかないと娯楽の時間すらたりません(泣)。

次の日はうっかり二日酔い気味でしたが、宅トレ(トレーニング)の内容を少し見直したので、素早く気合をいれることができ、そのあとは気分転換ということで社員から提示されていた買取候補の不動産を見に行ってきました。

結局、この自粛によって自宅で何でもこなせる環境を強化したことで、なんでも自宅でやるし息抜きも仕事になっているという何ともそりゃ仕事で多少は上手くいくよねという生活習慣が形成されています。

ところで、新コロナウィルスの影響で、実需系の情報が増えてきています。不謹慎ですがやはり家を買うには良い時期が来ているのかもしれません。

地場大手不動産会社の交渉における対応

一日飛んでしまいましたが、ようやく地場大手の不動産会社の家賃交渉のスタンスに関してのヒアリング結果までたどり着きました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績