あらためて室内のタバコのヤニは悔しい、どうにかならんものだろうか。


今日は朝から久留米にいってきました。第一線を離れたところで会社全体としてかゆいところに手が届く組織にするべく、違うところで現場に出向いています。
外でもちょいちょいこなしますが、デスクワークがたまるたまる。
猛烈に処理してますが、時間たりませんね。

ところで、今のところ時間栄養学、継続中。

今のところは身体が軽いどころか自然に朝はやくから目が覚めてちょっと調子が狂いますね。
飲みなんかも多いですから、一切食べてない・飲んでないってわけじゃないんですが、今までの反動なのかむしろ眠りが浅いのか・・・長く眠れません。笑

ヤニまみれの故意過失請求

こういう仕事していると未だにありますね。
以前比べるとだいぶ減った気がします。禁煙文化のおかげですね。こういう点でも禁煙は大家の立場の弱さが進む中ではありがたいことです。

とはいえ、最近もありました。
そこそこ長く住んでいたので、ガイドライン通り減価償却を考慮すると、請求できないんです。

正確には、請求はできますが、法的には期待薄ということです。
建具などの壁などにもヤニがべったり付いているので、せいぜい特別清掃とかそういう請求が成り立つくらいでしょうか。

このあたりは大家の潜在リスクとして、はじめから想定しておいたほうがよいですね。
リスクヘッジとして、競争力のある物件ならアパート全体を禁煙にするとか、ありかもしれませんね。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。