譲り受ける資産が2000万円のときの贈与と相続をどうするか。






譲り受ける資産があるというだけでなんともありがたい話なんですけれども、実例をぼかしながらゆる〜く書いていきます。

譲り受ける財産が親から相談者(子)に対して、2,000万円程度の不動産のとき、その資産を貰えるとしたら贈与がいいのか相続がいいのかというケーススタディです。

さらに今回、法定相続人が他にもいる中、単独で贈与できる話になっています。

他の法定相続人は、今回の相談者にその財産が単独で受け渡されることには承諾しています。

細かい話はさておき、重要な要素はこれくらいです。

さっそく、私の考えですが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績