高所得者で築古木造を取得する理由とメリット


アメリカの不動産投資の多くが築古で、それを富裕層の日本人も購入する理由でもあります。

多少不動産のことを調べれば分かる話ですが、築古の不動産を扱っている不動産会社しかあまりこういう話に踏み込まないので、簡単に書いておこうと思います。

築古不動産の減価償却のはやさ

新築後、22年を経過した木造を取得したときの減価償却期間は、4年となりますので、新築の22年と比較するとガンガン経費として落とせるということになります。

たとえば、建物を4000万円で取得した場合は、1年間に1,000万円の経費計上ができるイメージです。
※収入もありますが、今回の話はわかりやすくそれはスルーしておきます。

最高税率は45%ですから、1000万円赤字にできたとすると450万円も還付できることになりますね。

一方、還付されたということは売ったときに、そのカウンターをくらいますが、個人の場合で長期保有をした場合、税率が低くなります。

売った時に長期譲渡税での税率は22.1%なので、5年以上保有しているだけで1000万円のカウンター税金は221万円になります。

450万円-221万円=229万円

高所得者はこれだけで相当な税金の圧縮がはかれるため、やらない理由がないと言っても過言ではありません。

法人の場合は、こういう効果はないので税対策といっても儲かっているときに買って、赤字が出るようなことがあれば売るという戦略で税金の繰り延べによるメリット程度です。赤字を出す前提で商売している人はほとんどいないので、こちらは予め戦略を立てるようなことではなありません。

まあ、これも建物代金を高くできないとダメなんですけれど、間違っても新築ワンルームには走ってはいけません。

減価償却や簿価、税金がどの部分に発生するかなどの考えがいまいち理解できない人もいると思うので、そういう人は空中戦で不動産会社のいいようにされる前に、相談してもらえればと思います。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表者 「写真に写っているペンション買いました!笑(冗談です)。ペンション経営もいいですよね。田舎で都会に疲れた癒やしを提供する…どうでしょうか?」 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。