マンスリー運用で感じる、とあるサービスを加速させることによる負の側面


基本的に、ニッチな内容や分野を攻めつつ、収益性にこだわってきていることで、この業務をしていることでお客さんに与えるマイナスというのは感じなかったのですが…。

民泊、ビル・アパート開発による供給戸数増加も同様ですね。
飲食その他、需要の量が決まっている中でサービス提供数を増やすということは、サービスを提供する側にとってはマイナスです。

当たり前のことなんですが、似たようなものを同エリアに作れば作るほど、これからは先に買った人にとってマイナスなんですよ!泣

かといって「やめよう!」といったところで、他の会社がやるんですよね。

マンスリー業界の中でもニッチなモデルでやっているうちのサービスは高稼働です。

BORDERLESS

利益はそんなにでないのですが、ニッチなモデルなので自社で実験しつつ賃貸経営をやるオーナーにとっても低家賃で激しい入れ替わりや故意過失のストレス緩和に一役買っていたわけです。

それは現状ではまだ問題ないんですけれど、ふとこのまま提供数を増やした時に確実に稼働率は下がるな、と…。

そして下がった場合は、お客さんの利益がさがり賃貸収入とそんなに変わらない可能性が出てくるな、と…。

それでも空室が続くよりはよほどいいのですが、ユーザーのパイの問題で限界を感じたのは、地方の空室を埋める時くらいではないか、と折角需要があるのに競合ではなく自社内で食いつぶす想像をしてしまったわけですね。

もっとも、今は定額でシェアし合うようなモデルも出てきてますし、新しいモデルを構築していくことで必ずしもこうなるとは限りません。

敏感に身動きをとっていくのがビジネスの鉄則ですね。
撤退できる勇気こそ商売の長続きの秘訣・・・!

こんな懸念をイチイチ感じているから、うちの会社はニッチなワンストップサービス圏を作っていく方法で地味な成長になっているんでしょうね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』