お客さんと会食でニッチャーな業界で盛り上がりました。


もう7年以上くらいになるお客さんから食事に誘って頂いていってきました。

この方はお客さんの中でも学ぶところがとても多くかなり尊敬している人なんですけれど、不動産を通じたファイナンシャルプランや経営周りのことは基本的に私に提案させてくれるので、やりがいがとてもあります。

今回の内容は、ある程度の規模を買ってきて今後の売却を含めた動き方や、どうキャッシュフローをよくしていくか、節税もしつつ貯まっているお金をどのように運用していくのか、というものです。

まあ、そのあたりはこのブログに書いているものを中心として、自分で起業して突き詰めてきたものを惜しげも無く伝えるだけなんですけれど。

一方で、経営のコンサルや行き詰まっているものなども相談させてもらいつつ、本当にお客さんに育てて貰ってもいるということを改めて実感しました。

ニッチャーとして活動する

投資先としてイマイチピンときていない様子もあったので、ラブホテルの話なんかも探せば出てくるという話をしたところ(どういう業界かなどふか〜い内容も話していますがここでは省略)、いっけん人が嫌がりそうな部分でも新しいやり方をもってくることもできるし、ニッチな業界をより良いものにするのもとてもやり甲斐かありそうだ、ということで、意外や意外、やってみたいという意見などももらいつつ、本当にやるかどうかはともかく、あーだこーだという話で盛り上がりました。

ニッチ路線だからいい、ということはないのですが、少なからず他の会社とまったく同じことをやったとしても、小銭は稼げても大金を稼ぐことは難しいです。

常に世の中は変わっていくしニーズも移り変わるので、楽しみながら商売することを私は大事にしています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」