TATERUの通帳改ざん問題でまた一段と不動産投資のハードルがあがります。


TATERUの実態が次々にあばかれている

ついにイケイケ上場企業の化けの皮が剥がれた格好だ。

これらは古くからある手法でだと思うが、一部上場してまで相当な数を販売してきた会社でやっていたというのはおどろき。

これから内部調査をすると書いているが、どうするつもりだろう・・・。

新築案件の本当の利回りまで改ざんされている。

これは実際、わたしの顧客でも相談をうけてびっくりしたことがあるがTATERUや一部の大手アパートメーカーは利回りを高く見せるために新築の一部の工事費用は別物として利回りを高く見せていた。

確かに実際の利回りは低いから買っちゃダメですよ、とアドバイスをしたことも記憶に新しい。

しかしこのやり方で通用していたのがすごいですね。
オーナーの中に地味に破産者はいなかったのだろうか。

おそらく、価格が高騰してきたからこそなんとかなったのだと思われるが、価格のてっぺんで購入した人は漠然とした不安にかられていることではないでしょうか。

管理・工事の見直しなどで運営費を抑えれば、最悪の自体は逃れることができます。

融資はますます厳しくなる

話がそれてしまいましたが、利回りのことと今回の改ざんは別問題で、今回のはなしは融資がどうなっていくのかという点につきます。

スルガ銀行につづき、このようなことまであるともう金融庁がだまってないだろうと。

結局、かぼちゃの馬車もスルガ銀行の問題ではなくてスマートデイズであって、今回も西京銀行ではなくてTATERUという不動産会社側の問題ではありますが、抑制するには金融機関を厳しくするしかないよねってことですよね。

さっそく影響がでている

さっそく、うちの会社ですすめていた案件の通帳の原本契約書の原本の確認をさせてくれという連絡が金融機関よりはいりました。

通常はコピーとかで処理するんですが、スルガ銀行問題でそれなりの規模の金融機関も原本確認と言い出していたのは事実です。

で、今回それでもいってこなかったローカルな金融機関までチェックする体制となっています。

これは金融庁からのお達しがあったと考えるのが妥当です。

チェックが厳しくなったというだけならまだしもですが、この波はかならず融資の審査の過程でネガティブにはたらくのは間違いないでしょう。

この状況でもサラリーマン不動産投資に希望はある

とはいえ絶望的ではありません。

一定の節度をまもってチャレンジしてきた投資家にとってはむしろ追い風というかまっとうに戦えるステージになってきていますので、これはある意味チャンスと思っても良いでしょう。

苦しいのは、大して儲けていないのにフローが厳しくなった我々不動産会社です笑

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績