新コロナウィルスのセーフティで新しい枠が追加


今日もあっという間に終わってしまいましたが、世間は相変わらずコロナ一色で、一部の業種以外の大手企業などは自粛と言うなの活動停止スタンスです。

地元の経済は色々な意味で活動停止ができない(中小)企業を中心に回っています。

新型コロナウィルスについては、日本に関してポジティブな見方もありますから、極端な行動によらず看護師なども差別せずにいろんな知識を持った上で責任のある行動を自分で選択していきたいところです。

もちろんこれは、不安を煽るような報道ばかりの世界に辟易しているだけで、決して自粛しないことを促すのではなく、将来をどう捉えるかの基準になる一つの情報にすぎません。

セーフティ融資に新しい枠が設けられそうです。

さて、インターネットによってすっかり情報が溢れていますが、どの情報を見つける、あるいは信じるかに関しては自分次第であり、しかもそれをどのタイミングで得ることができるのか、それはこういう世の中の移り変わりが激しいときには情報を制するというのはとても重要です。 

現在のセーフティ融資ですが、これまですでにガンガン利用されているものでは、日本政策金融公庫で上限6000万円、保証付きの融資で上限8000万円、どうやら審査基準が渋い商工中金はあえて今回のぞいていますが、この時点で1.4億円は受けることができます。業種だったり企業規模によっては上限は増えますが、まあこのブログを読んでいる人の大半はこの枠で利用する方が多いと思います。

そこで、更にまだ確定ではないのですが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績