新コロによる属するコミュニティリスク / マンスリーで空室が多いことによるメリット


こんばんは、今日は知人の身内にコロナが出ていたということを聞き、僕は無論接触者ではないのですが、どういう行動をとっていたかというと、やはり他人同士も距離が近いような、単価だったりコンセプトだったりそういうどんちゃん騒ぎをする飲食店に複数人でよく行っていたようです。

僕も外食はちょこちょこと行くものの、例のブログに書いた忘年会の面々で少しざっくばらんな席もありましたが、それ以外は割とパーソナルスペース広めだったりそもそも10人以下しか席数がないようなお店が中心なので、それらが僕の感染リスクを下げてくれていると思われます。

というのも、例えば6人グループで他人との距離も近かったりするお店にしばしば行くとして、その6人はまた違うメンバーでそういうことをする可能性が高井わけであり、まさにそのグループは感染リスクが極めて高いタイプの人たちだと言えます。

まあ、いずれにしても今更また割と近いところで発生したからといって僕の行動が極端に変わるわけでもないのですが、接触する人は信頼できる人にしておきたいところです。

空室が多いことで契約になったマンスリー

ということで、新コロナウイルスに罹患すると以前ほどの風評被害はないと思いますが濃厚接触者は休まないといけないなど、例外なく社会的制裁を受けますから、相変わらず僕らはまだコロナに振り回されて生きていくことになります。

そのような状況で昨日のブログ(ウィークリー・マンスリー事業のGoToトラベルによる影響)のようにGotoトラベルにも消耗させられているのですが、

同じ物件に空室であることで複数部屋一気に契約になることがあります。

ただでさえ格安で運営している中で複数部屋も空室があったら、それはもう赤字で大変なことなのですが、ありがたいことに自主隔離だったりする必要性がある団体もいて、一気に契約が決まることがあります。

複数部屋の契約って、一部屋ごとに契約するよりも事務手続きや途中の見積もりなどの回数も減るので圧倒的に楽なんですよね。

大手同士など、固定の契約を持っている高単価のマンスリーなどが儲かってきたわけですわ。

ところで自主隔離の理由といえばやっぱり、海外から何かしらの理由で日本に入ってきたあと2週間の隔離を行なうためだが、コストを抑えたいとかそういうのが主な理由になっているようです。

団体では個人ベースの場合は、なんとなく熱っぽいとかでも隔離している人はいますが、そういう意識高い人が罹患したという話は聞いていません。

仕事などで人と接触せざるを得ない中、気をつけて身動きを取っている人の方が、下手に遊びまわっている人よりも安全な人が多いと思うのですが、その2wで契約をいただいている身としてはなんとも言えないところです。

ということで、複数契約をお待ちしております。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績