民法改正による借入時の保証人意思確認がネック


※本ブログ記事は、昨日2020年7月30日の公開漏れです。

今日は連日の雨が嘘のように晴れてとても暑い日でした。が、しかし不動産業としては快晴で悪いことはないので、これがしばらく続くことを祈ります。

念には念を入れるタイプにはネックな民法改正

令和2年4月1日からの民法改正では保証人になるときに公証役場で意思確認を行わないといけないと言ったようなことが施行されてしまったのですが、これによって不動産投資の際にもネックが一部でてきています。

法人設立を考えている人はあらかじめ知っておくべきですが、懸念されるケースだけを抜粋しておきましょう。

細かい話は端折るとして、自分で出資、代表者(役員)になった法人で購入し、自分が連帯保証人になるというのは問題なくこれまでどおり連帯保証人になれて、その契約も有効です。

そして、無効になるのは自分が代表者や役員にならずに連帯保証人になろうとした場合です。

これに該当する方は少なくなくて、例えば勤めている会社の規定で他社の取締役になってはいけないという職種の方だったり、規定はないけど副業に該当するかどうかが怖い人とかが、専業主婦だったりする奥さんなどを役員にして投資規模を拡大していくという人がそう言ったケースに該当します。

資産管理法人を作って不動産投資をするということ

少なくとも僕が知る限り不動産投資としてやっていて、DIYとか清掃とかも完全に委託していて仕事中もそう言った連絡は取らない方で問題になった方は1人もいません。だからと言って責任も取れませんが。

というか、そういう自分でいろいろやったりする副業的なことをしていたとしても僕の周りではそれで副業で何か指摘されたという人はいないんですけどね。

何より公証役場での意思確認というプロセスでめんどくさいからキャンセルというケースなんかがあると、なかなか不毛なやりにくい環境になっていくなと思いますよね。

施行されてからの実態

実態も何も法律なので保証人としてサインしても無効なのですが、金融機関によっては、これまで法人代表者は妻や他の家族にして自分は取締役には入らず、出資者としての立場で参加していた人でそれが当たり前になっていると、うっかりやってしまっているんじゃないかと思いますよね?

人のすることですから、アナログ文化の会社ではありえる話です。

保証人としての効力がなくても家族が代表者で出資もして実質同一家系にいるし、その案件の事業計画書も安定しているし、、、とリスクは限りなく低いのですが、これ(保証人として効力無効な保証契約)をうっかりやっちゃってる取引に心当たりがありますが、金融機関の指示通りに動いているだけなので何も思い出さなかったこととします。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績