良い人がほしいはダメ。求人の条件は明確にすべき。


相変わらず聞こえてくるのは、人で苦労しているという話が多いですね。
一長一短で取り組むには中々ハードルが高いかもしれません。

人は重要であり、会社は人ありき

ハードルが高いといってもちゃんと向き合うことで見えてくることもあります。

例えば、「人材派遣会社の利用を検討していたら、ありがたい存在に目からウロコです。」というはなしもかきました。

みずから、向き合ってこういう当たり前のことも自分が今まで頭でわかったフリをしていたり、時間がないと言い訳して後回しにしてきたところです。

会社は人がつくるので、採用は全力でおこない人(サービス)の質をあげることは経営者の仕事でもあるということで、目先の売上に力をさけないどころかコストしかかかりませんが、これを信じて自分が動くしかありません。

なんせ、若いうちの会社にとって私の魅力、会社の魅力を一番伝えることができるのは私だからです。

良い人が欲しいといっていないか、そのあと明確に説明ことができるか

人手が足りないピンチがきてから、この意識が全くなくなっていました。

起業したときにはこれを意識していたことは覚えていますが、いつのまにかなくなっていたわけです。

要は誰でも良いというスタンスで求人募集していたわけですね。

これではまともな人はくるわけありません・・・というか、不正したり成長しないスタッフでもいつか変わると思って時間も割いていましたが、結局私がいくら時間を使ってもそれを望まない人にいくら教えても結局成長せず、場合によっては不正もされ、最後はトラブルを起こしたまま辞めるということに気がついたわけです。

若さゆえなのか、わかりあえると信じていた活力が30代になって減ってきたように感じますので、これも失敗してきづくとは中々おろかな自分・・・涙

話がそれましたが、「良い人とはどんな人?」という質問にちゃんとすぐ答えれるほど明確に求める人材が整理できるかは重要です。

労使としてお互いがここにマッチングしないと入ったあと苦労するし、求める人材にはなりません。

軌跡や偶然を信じて相手をかえようとしてもだめで、経営者だったら確実な選択をとるべきだということですね。

男は馬鹿な夢をみるいきものなので辛いもんです。

欲しい人材にそった求人方法をとっているか

ほぼハローワークと私の知人系でのヘッドハントでやってきたんですが、ハローワークは社員は軒並みうまくいきませんでした。

パートとしてはハローワークでもあうので実際つづいているんですが、うちの会社はわりとウェブとかITを駆使していく側の会社なので、アナログ人間だと本人が変わる気がないと全く合わないので、そもそもハローワークでウェブに馴染んだ世代・人材がくるのかという…

こりゃいかんなと思いましたよね。

妥協した採用をしていないか

これも大きいです。

パートは融通を会社でもきかせやすいのと、能力が高い人も多いので言うこともあまりないっていうのもあってよく続く印象です。

妥協したつもりもないんですが、やることやってくれます。

社員だとどうしても求めるものも増えていくのもありますが、そもそも人手不足感があったため、面接でちゃんとしゃべれない人とか不安しかなくてもとりあえず採用していたりしました…

これアカンですよね。

育てると思っても、まともに敬語喋れないので電話でれないとか、全くタイピングできないから事務作業できないのに仕事しようとさせてるとか、相当なひらきがありました。

その人たちがまったく成長しないとは思いませんが、確率でいうと低いので指導する時間や退職時のストレスなど考えたときにそこに期待をよせてはいけないと強く感じています。

これらは当面、保存版として実行していくつもりです。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。