簡単だけどできない人が多い「お金持ちになるために必要な考え方」


お金持ちになるため、出世するためにひつようなことを今回は書いてみます。

お金持ちの子供として相続するというのはなしですからね。

自分の思いどおりにいっている人というのは、最初からそうだったわけでもなければ、努力もなにもせずにすべて世の中がいいなりになっているわけでもないんです。

好きなことがたまたまヒットしたとかそういうのも今回はぬきにしますよ。

どんなマインドがお金持ちになるために必要なのか。

うまくいかないことの理由を自分にむける

「そんなのわかってるよ」と思う人もいるかもしれませんが、これができてないんですね。

考えてみてください。

なりたい理想像がなにかしら自分の中にありますよね。

今回でいくとお金持ちです。

もともとお金持ちでない人がお金持ちになるためには稼ぐため、お客さんに信用してもらうため、それができるまで何が原因で稼げないのか自分にベクトルをあてて試行錯誤しつづけ、改善していきます。

これは単に商売だけの話でもなくて、会社員でも上司から認められて出世されるためにら、上司(会社)がもとめる能力や人材になればよくて、本当に相手の気持ちになって自分が変化すれば実現することができます。

よく反省して頑張ってるけどうまくいかないという人は多いですが、そういう人はよくて「同じ失敗をしない」という程度のことどまりで「どうやったら相手に喜んでもらえるか」という発想がないんです。

実際、お金持ちになる人はうまくいくように自分が変化します

起業した人にしても会社員にしても「俺はやったけど、周りのせいで…」という人はいないでしょうか。

「あの人は夢があるよね〜」とかいってない?

ちゃうちゃう〜!

うまくいかない人はそういうことをよく口にしますが、うまくいっている人はあらゆる手を考えて現状打破ないしは目標にむかっていくんですね。

お金も一緒で、自分の尺でお金持ちの基準をきめたら、その基準に到達するまでやりつづけるだけですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』