サービスを提供しているものとしてやっぱり競合他社のサービスを受けるのは良くも悪くも勉強になる

相変わらず繁忙期が続いていますね。
申込を貰えば退去にもなるし、どんどん退去通知がくるのでビクビクしておりますが、一進一退です。

最近になって方針の転換もあり業務提携含め、適材適所的に業務委託している部分もでてきたわけですが、競合他社のサービスを知るってのは凄く良いですね。

自社のどこが優れていて、どこが劣るところかとかとっても見えてきます。

最近感じたところでの、劣っているところは私の勢いですね。
若い会社で勢いがあったりするのをみて「俺も負けてられんな・・・!」とふとこのストレス社会に揉まれて我を失いかけていることに気づきました。

優れているのは、しっかりコミュニケーションが取れる、申込の入りやすさですね。

  • 申込の入りやすさ
    同時に地場不動産会社と募集を並行して出していても通り越して当社の募集情報に申込が入ってきます。
    この辺は培ってきた柔軟性が評価として出てきているところかと思われます。

  • コミュニケーションがとれる
    メールにしても電話にしても、返答が自社スタッフのほうがしっかり返ってきたのは驚きでした。
    メールそのものから内容の半分くらいスルーとかザラだったりしますね。
    これでオーナーがついてくんだからよほどの勢いで成果があるに違いない。逆に期待です。

とそんな感じでポジショントークじゃないんですが、色々あって守りを少しずつ強化してきたこともあるのかいわゆる一般的にサービスレベルは高いのではないかと感じたところですね。

ともあれ比較対象が極端な可能性があるのでレベルの高いところとの比較含めて改善をはかっていきます。
劣っているところを見つめると、「ん?俺が勢い増せばまだ伸びるんじゃね?」と思っちゃいますよね。
ブラックにならないように自分に厳しく頑張ります。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら