割りに合わない?ビジネスマンとしてのQOLをあげるには客観的に己を見る


最近、数件給料の割りが合うとか合わないという話しをちょこちょこと聞くことがありました。

今回は外部のことでしたが会社経営をしている僕も例外ではなく、毎度この手の話には持論はありながらも考えされるということで毎あ度話すことを少し文字に起こします。

就職先で安定・優良企業に入ろうとすると新卒の場合は学歴中心で、中途になってくるとキャリア次第でもう学歴はあまり関係なくなってきます。

人は自分で自分を評価すると、大半が客観的に人から見られる高い自己評価をつけ出しますから、割りに合わないと考える前に考えることがいくつかあります。

  • 割りに合わないほど替えのきかない仕事なのか

求人を出したときに他の人が、同じ条件でやりたいし、できる仕事であれば割りにあっている可能性がある。

  • 仮に転職したときに同条件(福利厚生・労働時間・やりが・報酬)のバランスで、今は他に劣っているか

隣の芝が青く見えるのは人のサガです。他の方が少し良い(はずだ)と言うくらいのレベルなら、確信に変わるまではそこで頑張った方が良いかもしれない。

  • 自分の将来ビジョンと合致しているか

今が良くても将来に繋がらない可能性もありますから、今がすごく居心地が良くて給料が高くてもまったく給与が伸びず数年後には物足りないと思う可能性があるわけで、これと将来イメージは合致しているのかは重要です。

ということで、自分の価値観(主観)で直感的に「自分は頑張っているのに」とか「今、他と比べて最高の環境にいる」と短絡的に捉えずに割に合う合わないということでも、人に比べて劣っているとか秀でているとかではなく、自身の将来をどうしたいかや自身の市場価値を知ることは重要です。

そもそも本当に割りに合っていない上に会社のことも好きじゃない、そんな状態で外部にネガティブなこと言って転職しないというのは、ただの愚痴っぽい人になってしまいます。

ちなみに、合う合わないのは前に僕の個人的な意見だけをするならば若い時の苦労は買ってでもしろ派です。

若い柔軟なうちに色々なことにチャレンジできる環境だったり高いスキルが必要な環境、というかもう環境で人は大きく変わるので、何も残業をしまくれということだけではなく同じ時間働くにしても、自営業でやりがいを持ってやるもよし、会社員であれば会社の責任で自分が負える責任以上の仕事をできることが大半ですから、チャンスがあるうちにやっておくに越したことはありません。

まあ、これは持論であって、周りと比較しなければ割りに合うとか合わないとかもなくなるんですけどね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績