取引先の不動産会社選びは重要、告知義務。


こんにちは。ソソグーの帆足です。
今日はワイ、同じ宅建業者に憤りを感じています。

早速、なぜ憤りを感じているか、少し前に取引をさせてもらった案件があって、売主→仲介A→仲介Bソソグー不動産→買主Bという図だったんですが、売主は宅建業者で売った物件を自身で借りていたんですね。

そして、売買のあと2,3ヶ月して退去連絡が入ったのですが、しかもその内装が50万円くらいかかるレベルに汚かったわけであり、その内装も「もともとそのままだったから内装も負担できません。」ですって。

こんなこと言われたら、みなさんが買ったあとに、このようなことがあったら「騙された!」と思いません?

買主側に立っている仲介会社としても、そんな退去予定があるなら先にいうべきだし、自社で使っている室内がこれだけ汚ければ、当然プロが素人(非宅建業者)に売却するわけですから宅建業法情では説明する義務があると考えるのが自然です。

買主も鬼じゃないので騙しているとは決めつけず、退去にも事情があるだろうからと、せめて通常の損耗以外は負担してほしいというふうになっている状況です。

しかし、、、

仲介Aが「数十万なんだし訴訟すりゃいいんじゃないっすか?相手素人だし適当にしていればいいじゃないっすか」的なことを言うわけですよ。

まあ、百歩譲ってプロ(宅建業者)同士ならそれでいいでしょう。しかしながら、許認可で何年も商売をやっている人が、よくもまあこんな発想になるなと逆に、昔ながらの不動産業者さながら(不動産業者らしい)じゃねーか!と思うわけです。

本当に取引する不動産会社は大事です。なにかあっても不誠実な会社だと相当労力かかりますからね。

同じ宅建業者として、説得を試みます。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績