うちで家具を負担してウィークリー・マンスリー用に借上しています。


そういえば、最近マンスリーで借り上げしてて驚かれた事がありました。

当社ではウィークリー・マンスリーでの賃貸もやっているのですが、長期空室がある管理物件(所有物件ではない)が有りましたので、丁度実験してみたいこともあり、オーナーに借上を打診しました。
ここでいう借上というのは当社が転貸するために、オーナーの物件を借りるということです。

ウィークリー・マンスリー用で借上することを打診したところ、「オーナーがはらう初期費用はいくら?」だと言う訳です。

勿論当社は自社の費用負担でウィークリー・マンスリーを運営するので、“すべて当社負担”だと回答しました。

少なくとも私が聞いた話では、大手だと初期費用に20、30万円などオーナーに負担させて事業を始める会社もたくさんあるようですね。

初期のウィークリー・マンスリー用の設備投資は決して安いものではないですからね。
家賃が上がるわけでもないし。

まぁ、初期投資もゼロでマンスリーをスタートできるという当社にとってはありがたい話しではありますが、マンスリー事業などうちが転貸なりをすることで利益をあげることができれば初期投資も当社がしても構わないわけで。

民泊やら何やら流行っていく中で、競合も多いですから実際利益水準は低いです。

無論、ただ適当に初めてボロ儲けするようなうまい話しは無いので、
付加価値を提供して今のやり方を継続していく戦略を考えねば。

初期投資しても当社に借りて欲しい人は柔軟に検討しますので、それはそれでご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』