リスクある売買案件では登記でヘッジをかける






今、我ながら少々興味深い案件をやったことがあります。

県外案件ではそこそこ力をつけてきているソソグー不動産といえど、少し融資が必要です。

そんな中で、億単位の案件に即断を求められるのが辛いところなのですが、これがまた癖ありなんです。

癖というのも、過去売主の都合で何度も差押が入っている履歴が謄本に残っているんです。

となると現金を使い込む癖なども連想できます。

今はその差押は解消されているのですが、謄本に差押が残っているとなると、売買契約をしたとしても手付金を使い込まれて決済時に抹消するお金が足りるのか、また決済までに差押が入って売れなくなるのではないか、この辺りが懸念といえます。

抹消するお金が足りるのかどうかに関しては

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績