お部屋探しでおとり広告はあるのか


実際におとり広告が話題に登るので、あるっちゃあるんでしょうけど。

私が住んでいる福岡では有ると回答しておきましょう。

2パターンのおとり広告があります。

うちの会社でやっているということではないのですが、新規のお客さん含め友人・知人からお部屋探しで相談などされたときに、気になる物件を聞かれるのですが、大概市場に存在しないような好条件の物件なのです。
もちろんその物件はありません。
これは、結構あったりするので、うちが嘘をついているんじゃないかという風に思われることもあるのではないかと思っています。笑

明らかにおとり広告として存在しているのが、まずひとつ。

もうひとつのパターンとしては、ネットの更新頻度の問題で気に入った物件は市場にあったが、もうなくなっているというケースです。
こちらは小規模の賃貸会社にとっては確認・更新作業が手間だったりしてたまに発生します。

うちの会社も一時期ネット掲載などに力を入れていた時期もあったのですが、このあたりは結構労力というコストがかかります。要は人件費です。
人件費をかけてしっかりやるなら他店舗展開して、たくさんお客さんを呼ばないと利益がついてこないわけです。
結局、おとり広告がないようにやろうと思ったときにスケールメリットとコストのバランスで断念しました。したがって、今は管理物件中心に掲載しています。

利益の割に賃貸仲介って儲からないので、今後IOTの普及とともにただの賃貸仲介店舗は早々に淘汰されていくでしょうね。
肌でそれを感じます。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。