不動産をたくさん買うとだんだんザルになるのかもしれない


こんばんは、日進月歩でシステム投資を進めていっているのですが、言葉の壁で圧倒的なストレスを感じています。

当然同じ言葉を使う日本人でも話が通じない人というのはよくあることで、そういう人と話しても多くの人が合わない人にはストレスを感じることでしょう。

言葉がイマイチ通じないと全員がそうなるわけではないのですが、センスを含めた感覚の違いをフィックスさせたり、会社の方針ややり方を説明することができない(説明してもきちんと伝わらない)というのがポイントです。

まあ、元々課題はわかっているのですが、解決できる方法がないんですよね。僕が英語を喋れれば全て解決なのですが。

投資物件は買えば買うほどザルになる?

さて、最近あのお客さん買う前の調査をしなくなったなと思うことがあり、今日は買う時にどこまで細かいかということに関して、少し触れたいと思います。

当社の多くの顧客はリピートで購入しますが、どうも2棟、3棟、、、4棟目くらいからかなりおまかせ感が強くなってくる傾向があるように感じます。

やはり初めての投資案件などであれば金額も大きいし、思い入れのある1棟になる可能性もあるわけで、多くの人が実利以上に所有欲などを刺激されると買い安いのかもしれません。

一等地の新築ワンルームなんかはそれですが、そうでなくても最初は現地を何度もみたり、シュミレーションを数パターンみたり、出口戦略はどうなのかなどを色々聞いて買う人が一般的です。

プロから見たそれの良し悪しはともかく、数棟買って収入が安定してきたり利益を出してくると、どうにももう一度も現地も見ずに買うという人になってくるのです。

過去の実績からそのよう行動になる場合もありますが、経営者なんかは初めからそういう傾向にあったりします。

何が言いたいかというと、酸いも甘いも経験してくると何が重要なポイントでそこを抑えていればあとはアウトソーシングな事業(不動産投資)なので、丸投げというところで、知らないから怖く、知っていると気をつけるべきところが見えるので、それをかわせばなんとかなるっしょ、というノリでぽんぽん何千万、何億と買っていくわけですね。

まあ、これは傾向にあるというだけで、そうすることを推奨していなければ、そんなにぽんぽん買える人も限られているんですけどね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績