現金マターでときに融資を使いながら資産拡大


今日はアポイントまで30分しかないなか定食屋に入って、ゴマサバ定食を注文しました。
新鮮な魚を骨抜きして作ってくれていて、私の目の前にまでに15分経過してしまいました。そこからかき込んで食べたので、新鮮な魚も味わう暇もなく、身体にもよくありませんね。
アポイントには間に合いましたが、色気をださず大人しく男らしくシンプルに日替わり定食を選択すべきだったかもしれません。

さて、数日ぶりに営業担当として物件をみてきました。
最近はあまり営業担当として前線にたたないようにしているので、そんなにいきません。

現金マターでときに融資を使いながら資産拡大

不定期で物件情報を配信しているんですが、その中で気になる物件があるということで現地の状況を説明するためにいってきました。
築35年くらいの物件で、ボロいっちゃボロいんですが、相当ひどい物件ちゃんをみてきた私にとってはそれなりに綺麗に維持されてきたような印象の物件で360度カメラもまじえて撮影&報告を済ませました。
資金の目処がつきそうだったらトントン拍子に進みそうな予感がするこの案件ですが、このクライアントは基本的に現金と融資で築古案件を買い進めてきた方でした。

この方、もともと所得もそれなりにあるのに加えて現金で買うのですが、時に買った物件を担保に入れつつ融資をかります。ただ、その融資の条件が短期返済になります。
ということはキャッシュフローは出ないもしくはマイナスになるんです。でも所得がそれなりにあるのと物件の収益で、ガンガン借金を返済してしまって無担保の物件が出来上がり、また現金で物件を購入して無担保物件を担保に入れて融資を引っ張り・・・
という流れで、返済が終わったタイミングでお声がかかったわけです。
しっかり物件が増えているので、ちょっとずつペース上がっているのが素晴らしいですよね。

一般的に融資が厳しい物件もしくは融資が厳しい状況であってもやり方次第で試算拡大できる可能性は十分にあるというのを体現してこられているので面白いですね。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。