不動産投資で拡大を目指す限り消耗するポイントとジレンマ


多棟買いスキームはこれが理由にもなりえるんですが、たくさん買って何億も借金がある人がお金を1000万円しか持っていないという場合、一般的に融資はおりないので、コソコソやっちゃう、通帳改ざんしちゃう、ということでイケイケどんどんで不正爆発ということだったわけであります。

それはいわゆる自己資本がどれだけ手厚いかということに他ならないのですが、真面目に取り組んでいるとハードルになってくる自己資本比率の重要性がここからも伺えます。

新興勢力が投資規模を拡大しつつも自己資本比率を上げようとすると何が必要かというと2択で、本業でとにかくお金を貯めるか、買った不動産をどこかで売却して借入を減らし自己資金を増やすということになります。

なので、真面目に不動産投資規模を拡大しようという欲が強すぎて、しかも売却戦略も取り入れないままに進めていくと、それはもう節約しながら取り組むケチ大家になって、何のために裕福になるのかわからなくなっていくという方は多くいるでしょう。

死んでもお金は使えないので、なぜかお金を使えないラットレースに乗らないようにゴールをイメージしておくと無駄に規模に振り回されて消耗せず経済的合理性やクオリティオブライフで判断していくことができると思います。

とはいえ、お金はあるに越したことが事がないので、ある程度は規模も大きくしたいとなるとやはりキャッシュフローの数年分以上の資金が得れるならば売却する選択というのは大いにありですが、実はジレンマがあってたまたま買った不動産で他にも欲しい人がいて1年後に売るとした場合、今度は融資をした金融機関に嫌われる可能性が出てきます。

儲かって別の不動産の時にまた融資をもっと借りるから良いでしょ、とかそういう人もいます(というかそういう人ばかり)が、こちらの都合だけではいかないということなんです。

違約金が設定されている金融機関は非常にシンプルですが、特にそういう手数料収入がない金融機関だと一生懸命融資承認の作業を通じて短い期間の金利だけ儲けたところで赤字みたいなもんですからね。

その考えもわかります。

拡大をしていくというのは色々な関係者の都合も無視できないので、そういう事情を加味した動きをしていくことも大切なことです。

まあ、不動産は一つとして同じものはないので無理に売る必要もないのですが、大家業としていまだに購入している人の多くは、売却も経験している人が大半だということは知っておきましょう。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績