築古戸建てを見てきました、投資案件として面白い気はします。


先日、売りに預かったばかりの売り戸建て。

早速現地を確認してきました。
ちょうどGWの大型連休の真っ只中に見に行ってきたんですけれど、渋滞のことをすっかり忘れて高速道路がいつもの2倍以上の時間がかかりました。泣

さて、戸建てですが思ったより状態もよく、近隣の戸建ても入居しているようでした。

人口は現象傾向にあるエリアなのですが、そもそも利用しなくなった戸建や解体などもいれると、こういう古い戸建て住宅のみで形成されているエリアの賃貸需要はすぐになくなるものではなく、家賃次第ではじゅうぶんに入居者も見つかるのではないかと感じます。

一つは空室なので、売れなかったら買取させてもらって小さな再生案件にするのも視野にいれています。

しかし、郊外は安いですね。
この手の微妙な立地の戸建てならちょこちょこ売りにでているので、その中でも状態が悪くないものを購入すればいい利回り案件になりそうです。

しかし、ロットが小さいと利幅も小さいので、果たして行動に見合うかは微妙なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』