契約だらけの不動産業界ではケチがつくと進まない


コロナ禍でも影響がない会社だと自他共に認めているソソグーの帆足です。

売り物件が少なくなってきていて「冬から来年にかけて当社の業績も下降するんじゃねーか!」といったところ社員からは「他はとっくに影響が出ていて、影響のないうちが特殊なんすよ・・・」みたいな冷めた考察が返ってきて、もっともその通りなのですが業績が落ちてから対策を練っても遅いので、懲りずに変化していきます。

ケチがついた取引はうまくいきにくい

さて、実は先日**融資が確定していて契約日も決まっていた案件で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績