ペット不可だったのに実はペットだらけのアパートの売買しました。


今回は、売主の悪巧みパターンです。

中古物件(特に築古)は、可能性は低いものの相応にトラブルの可能性が潜在しています。

今回は、ペットを飼っていないはずの物件で、賃貸借契約書のペット不可。
売主が「ペットを飼っていいと黙認していた」という物件で、当社が管理で挨拶したタイミングで退去を示唆されて判明したことになります。

売主はすでに知っていたことを認めているんですが、まあそれもそのはずで、売主が直接入居者と話していたので、売主の名前が入居者から出てくるんです。

ところで、こういうリスクが潜在していて、それを隠して売った場合、入居者が退去することで、当面の家賃の補填や募集費用として損害賠償請求をされてもおかしくない話になります。その旨を理解してもらったのか、対応はしてくれるそうですが、まさに一触即発の事態。

スタートしたばかりなのに先が思いやられます。
この手の、調査してもわからない話は、不動産業者だからとか、個人だから安心だとかはあまりいえず、あえていうならば不動産業者のほうが供託金がある分、まだマシなのかもしれません。

揉めることはその時点で損失でしかないので、結局不正しない人と取引をするのがベターで、さらにこういうリスクをさけるには、築古はダメだという話になりかねないので、とても残念です。

売主の中には「退去予定を隠して」とか「家賃しばらく払うから住んでいるように見せかけて」とか、言ってこられる方もいますが、これもダメです(泣)。

読んでいただく方のツールの一つにでもなればと思ってブログを書いていますが、この手の記事が増えると、ただただ萎えてしまうだけですよね。

中々ないケースとして書いているので、これがすべてではないし、くれぐれも道徳だけは守っていきましょう。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績