金融機関は融資貸出先を探している


昨日のブログ記事で収益不動産における私の肌感覚からの今後の予測を買いていましたが、やはりそういう状況は続いているようです。

3メガ、4~6月期軒並み減益 「預金>融資」が示す将来不安

この記事の内容としては、新コロナウィルスでのセーフティ融資や助成金などで資金が増えている(現金保有率を増やしたい)人が多くなったということで、金融機関の預金口座の現金が以前より増えてきているが、それを貸し出す先がないといったことが書かれています。

借りたいニーズは山ほどあると思いますが、貸し出すに値する安全な借主がいないというのが今回の話なのですが、将来を危惧して資金を準備しているものの結論から言うと「金余りしている」と言うのが露骨に現れているということです。

そして、それと同時に地場金融機関からも「融資ノルマが足りていないから営業として追い込まれている」といった話も聞こえてきています。

収益不動産融資基準が変わるほどではないという判断を僕はしているので、価格までが吊り上がることはないと思いますが、当面金余りなうえに安全な貸し先には融資したいという意向が続く以上はやはり相場感はこのまま進んでいくと思われます。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績