マンスリー運営が割と好調です / 税務調査にくる理由


最近、マンスリー運営のことを書いていませんでしたが、好調です。

低価格帯を中心にブランディングしていっているので、相変わらずそんなに儲かるわけではないのですが、通常の賃貸での広告料やコストのバランスを考えると成果は上場だと言えるでしょう。

長い人で一年以上、運営代行でやっている方もいますが、現状での代行依頼からの解約件数はゼロです。
○マンスリー運営代行プラン

税務調査にくる理由

さて、先日、少しだけふれたので不安に思われてもいけないので、少し触れておきたいと思います。

ARUHI融資からまた業界に波紋が広がる可能性

こういうときに自分の身を守れるのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績