借入枠で壁にぶつかったときにもできることはある


今日は売買決済を2件終えてきました。

ありがたいことに仕事を普段している限りコロナウイルスの影響はまったく感じません。

でも、数カ月後にはこの影響が景気として影響がでることも十分に考えられるので、融資に影響がないうちにやっておくのが好ましいと思われます。

借入額が大きくなりすぎて、でも先に進みたいときの対処法

さて、融資を受けたいけど「もうあなたは借りすぎていてお話になりませんよ」と言われたときの行動を少し書きたいと思います。

すべてにマッチするわけではないのですが、これは大いにありえることで年収5000万円の人が5億くらい借りても、まだチャレンジできそうな空気がある一方で、年収500万円の場合1億を超えてくるだけでも随分酸っぱい見られ方をします。

この酸っぱい見られ方をした場合といえど、すぐにお金を貯めることも年収を高くすることも現実的ではないので、諦めて夢のような話には決して飛びつかないように気をつけてください。

こう言ったときにやれることと言えば、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績