一度NGがでるとその後は覆せない?


今日は先日売買が終わった物件を確認してきました。

この物件は僕が相談を受けていたものの社員が実務を担当していたので、僕が見るのは初めてですが、まあ収益性も高いし、土地値も売買価格にぼちぼち近い、場所も地方系でもにぎやかなエリア、状態もそう悪くないという物件です。

資金調達ができるかどうかだけがネックで物件でしたが、融資がいけるいけるからのNGという結果で、そのあと他の金融機関になったという案件で、少々揉めた例のやつです。

一度出た融資結果を覆せない

プロパー案件での融資承認は、基本的に事前に調整した結果として結論という形での確定した条件で承認になるというのが一般的です。

承認までいっている案件は金融機関ではほぼ確定した見込み案件になるので、できないこともないとはいえ、その後の交渉はお行儀が悪いというイメージになります。

ところで、今回は融資が否決(=NG)になったケースなんですが、某信用組合

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績