仲介でお客さんとなりふり構わず乗り切る


不動産会社の仕事は多岐に渡りますが、最近は立退きが何件か出てきています。

これはアパートを維持するか建て替えするかの選択で、建て替えのほうがベターだという選択をしたわけですが、意味もなく安い家賃で入居していたりなんかすると、次の物件を見つけるのが大変なのでお金も労力もかかります。

パッションはこの業界ではまだまだ重要

さて、一難さってまた一難という案件を今進めていまして、それは弊社を贔屓にしてくれている投資家が自分の家を買うということで、そのお手伝いをしている話です。

仲介案件(別に売主がいる)で、ソソグーを通して買いたいと言ってくれるのでそのまま進めようとしていたんですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績